申請するときに知っておきたい種類や活用方法

サイトメニュー

支給を受けたい

困る女性

悩みごとの解決方法や仕組み

近年うつ病といえば、非常に有名になってきた病気の一つになります。この病気が増え始めたのは、平成になってからですが、その患者数はなんと112万人ともいわれているほどです。うつ病の問題点は、一度発症してしまうとはなかなか改善しにくく、自分自身でもどのように病気を治したらよいのかわからないことでしょう。そのため、うつ病になって働けなくなった場合にはそのまま継続して仕事ができない状態が続いてしまい、生活自体がかなり困窮してしまう可能性も否定できません。会社を長期的に休む場合には、障害年金が支給されることがあります。例えば、大きな病気にかかった場合には障害年金が支給されることが多いです。それだけでなく、交通事故の被害にあった場合も、やはり障害年金が支給されることは少なくありません。では、果たしてうつ病の場合、支給されるかどうかが問題になります。最近のうつ病の人数の増加傾向から考えて支給されるのが妥当ではないかとされています。実際に、年金を支給され生活を何とか維持している人も出てきているのが現状です。もし、生活することができないぐらいひどい状態には一度申請してみるのがよいでしょう。少なくとも、国に頼れば生活することができないぐらい追い込まれることは、まずないと考えてよいです。これは、日本国憲法第25条の「国民の最低限度の生活」に関する条文が根拠になっているといます。この条文は、国に対する義務を規定した内容になります。国は国民が最低限度の生活を送れるように、さまざまな法整備などをしなければならないと、憲法で規定しているわけです。

うつ病で障害年金の支給を受ける場合には、少し複雑な手続きがあります。まずは、通っている医者に対して障害年金をもらうための診断書を書いてもらわなければいけません。そもそも、うつ病が本当に会社の仕事によってあるいは職場環境によって起きたものなのかを証明しなければならないわけです。中には、たまたま通っている会社とは別の場面でうつ病になってしまう人もいます。このような場合、仕事を休んで障害年金をもらうことはできません。そうではなく、仕事と病気の間の因果関係を明確にする必要があるのです。そのためには、素人がいくら証明しようとしても証明できるものではなく、その患者を診察した医者の方が証明書を書いて因果関係を証明する必要があります。これにより、年金をもらえる可能性が高まるでしょう。ただ、障害年金の場合には、それ以外の条件もいくつか満たさなければもらうことができません。傷病手当金のように、申請すればもらえるわけではない点を理解しておかなければいけません。その他の条件とは、初診日の特定になります。初めてその病院に通った日が初診日になります。実は、法律上カルテの保存期間が5年間と定められているため、初診日から5年が経過した場合にはカルテが消滅してしまう可能性があるでしょう。そうすると、障害年金の支給を受けられないケースが多くなります。少なくとも、5年経過する前に年金の受給を受けるべく手続きを開始する必要があります。手続き自体は、それなりに時間がかかりますので、ぎりぎりで行うのではなくある程度余裕を持って行った方がよりよい結果を生み出せしょう。

Copyright© 2019 申請するときに知っておきたい種類や活用方法 All Rights Reserved.