申請するときに知っておきたい種類や活用方法

サイトメニュー

まず理解しておきたいこと

男性とお金

基礎知識と初心者向けのアドバイス

うつ病になってしまうと、日常生活をいとなむことが難しいことも少なくありません。まだ軽いうつ病のうちにある程度精神科や心療内科などに通い治療を始めていれば生活自体が大きく乱れることはありません。例えば、今まで会社に通っていた人がうつ病になってしまった場合、早い段階で自分の精神状態に気がついて精神科や心療内科に通う場合には、それほど悪化することはなく会社を休まずにすむでしょう。もちろん数日は休む可能性もありますが、数カ月あるいは数年単位で休むこともなくなります。このような場合には、障害年金などをもらわなくても問題ありません。ところが、なかなか見た目で判断できない病気がうつ病が特徴ですので、自分でも現在病気になっていることに気がつかないことも少なくないわけです。このような場合、長期的に病院に行かずに会社を休んでしまい、会社に行けなくなることも少なくありません。そうすると、生活自体が苦しくなってしまうことも考えられます。そこで、障害年金をもらうことで生活をすることができるようになるでしょう。ただ、障害年金をもらうこと自体は、傷病手当金をもらうことなどとは異なり申請すれば高い確率でもらえるとは限りません。障害年金は一度もらうと一生もらい続けることができるとされているため、審査もかなり厳しくなります。この場合には、事前に基礎知識を頭に入れておかなければ到底審査に通ることはないでしょう。この時必要になるのは、医者に書いてもらう診断書や、それ以外の様々な書類になるわけです。

うつ病で障害年金をもらうとすれば、まず書類作成が重要になります。書類といっても一番重要になってくるのが診断書になりますのでこの診断書を作成してもらわなければいけません。うつ病の診断書を作成する場合のポイントの一つは、建材会社に通えていないこととうつ病の間に明確な因果関係があることを述べられていることです。この時病院に対して、「障害年金を申請するので診断書を書いてください」と明確に述べる必要があります。そうでなければ、診断書の内容自体が薄く、不支給になってしまう可能性があるからです。それと同時に、自分自身も現在の状態がどのようになっているかを明確に伝える必要があります。最初に診療してもらった時と状態はそれほど変わらないならば、申請しても通らない可能性が高いでしょう。それよりも、最初に病院に通った時と比べてイライラ感や不安感が増えたり、集中力の低下や生活自体を一人で営むことは難しいことを明確に説明することが大事です。これにより、状態が悪くなっていることを医者もよく理解し、それを診断書に反映してくれる可能性が高いです。診断書を書いてもらうにあたり重要なことは、初診日をいかに確定するかになります。初診日が明確に書かれていないと、そもそも障害年金をいつから支払ったらいいのかわからないため、この日の特定が重要になります。そのため、一番最初に診療を受けた時からそれほど時間が経過する前に診断書の作成を依頼することが重要になるのです。ちなみに、5年以上経過してしまうとカルテ自体が消失してしまう可能性があるため注意が必要です。

Copyright© 2019 申請するときに知っておきたい種類や活用方法 All Rights Reserved.