申請するときに知っておきたい種類や活用方法

サイトメニュー

病気になったら

カウンセリング

効果や気をつけることを知りたい

近年は、様々な理由からうつ病になる人が増加している傾向があります。うつ病になる人が増加した理由の1つが、将来のビジョンを描くことができないことです。昔のように、頑張れば良い暮らしができるとの将来の見込みがあればモチベーションを上げて生きることができますが、いくらがんばっても先が見えているような生き方をしている人が多くなり結果的にうつ病になってしまうことがよくあります。特に、20代から40代のうつ病の数が多く、100万人近くいるとされています。もし、会社員やパートあるいは派遣社員の人がうつ病になってしまった場合には会社に行き働くことができなくなることもあるでしょう。このような場合には、傷病手当金や障害年金をもらうことで何とか生活をすることができます。障害年金の場合は、傷病手当金などのように1年半しかもらえないわけではなく60歳位までもらうことが可能になります。そのため、これをもらうことにより生活を維持できるという効果があるでしょう。このように、素晴らしい効果がある一方で、申請してもなかなか受理されない可能性も高いです。国としても、可能な限り障害年金の支給者を減らすようにしていますのでよほど明確な理由がない限りは受理されません。ですが、専門家に頼むことにより受理される可能性は一気に高まります。障害年金を申請する場合のプロフェッショナルは社会保険労務士や弁護士です。ただ、社会保険労務士は弁護士といっても全ての人が年金に対して詳しい知識を持っているわけではありません。そこで、社会労務保健師や弁護士の中でも年金の申請に対して詳しい人を選ぶべきです。これにより、受理される可能性が高くなります。

うつ病になり障害年金を申請する場合、どのようなことに気をつけたらよいでしょうか。うつ病になり障害年金をもらう場合でも、全く書類を必要とせず受理される事はまずありません。必要最低限の書類として、医者が記入する診断書が必要になります。この診断書は、うつ病になったことと会社にいけないことの因果関係が書かれていることが必要です。これにより、受理される可能性は一気に高くなるでしょう。そのため、診断書を詳しく書いてくれるクリニックや病院を選ぶことが重要になる事は言うまでもありません。ですが、必要な書類はそれだけではありません。他にも、いくつか書類がありますが、これらの書類を素人が書くのは難しいため、社会保険労務士や弁護士に手伝ってもらうわけです。当然ながら、社会保険労務士は弁護士も仕事になりますので報酬を必要としています。どれぐらいの報酬がかかるかは、社会保険労務士の事務所や弁護士事務所によって変わってきます。概ね20万円前後と考えておけば良いです。この時気をつけたいのは、もし、受理されなかった場合の扱いです。事務所によっては、受理されなかった場合着手金を除いて全額返金するようなことがありますが、対応は事務所によってバラバラです。中には、結果を出すことに自信を持っている事務所もあり、基本的な費用は高くなりますが受理されなかった場合に全額返金してくれるようなところもあります。逆に、費用は安いけども、受理されなかった場合でもお金が戻ってこないようなところもあります。それぞれ、契約後の対応の仕方まで確認をしておきましょう。

Copyright© 2019 申請するときに知っておきたい種類や活用方法 All Rights Reserved.