申請するときに知っておきたい種類や活用方法

サイトメニュー

支給を受けたい

困る女性 うつ病で仕事に行けなくなることがあります。このような場合には、障害年金を受け取ることが可能になります。障害年金を受け取る場合の条件の一つは、診断書を書いてもらうことです。もう一つは、初診日を明確にすることです。

詳しく見る

まず理解しておきたいこと

男性とお金 うつ病と障害年金に関する基礎知識として知っておきたいことは、診断書を用意しておくことです。これは、医者が記入するものですが患者の方も中身をよく確認しておく必要があります。中でも、初診日を確定することが大事です。

詳しく見る

病気になったら

カウンセリング うつ病になり障害年金をもらうときの効果は、生活を維持することができることでしょう。ただ、なかなか受理されないためプロフェッショナルに依頼することが必要です。プロに依頼する場合、報酬がどのようになるかも理解しておくことが大事です。

詳しく見る

金銭的な心配があるなら

悩む男性

種類と活用方法を理解しよう

うつ病になっている場合には、様々な問題が生じる可能性があります。基本的に、物事に対してやる気がなくなる人が多くなる傾向があるため、今まで通っていた会社も行きたくなくなるでしょう。多くの場合、うつ病の原因を探求するとやりたくないことを仕方なくやっていることが考えられます。例えば、大学を卒業して就職をしてみたけども、その仕事がやりたい仕事ではなくなんとなく周りが就職しているからあるいは就職しないと生活できないからなどの理由がほとんどになるでしょう。精神的に安定している人ならば、多少嫌なことでも続けることができますが精神的に不安定な人は嫌なことを毎日続けているとうつ病になってしまう可能性があるわけです。もし、長期的に会社を休んでしまった場合には、その分収入がなくなります。このような場合には、障害年金を検討してみると良いでしょう。障害年金は、基本的に国が出してくれるものになりますので、国に対して申請をしなければいけません。この申請をするときに必要な知識としては、種類が3種類あることです。これらは、どの程度重度なのかによってどれに該当するかが分かれるところです。基本的に、介護を必要とするレベルは1級に該当し1番お金が多く支払われます。介護を必要としないけども、介護を必要とする状態に準じる場合には2級に該当することになるでしょう。それ以下の場合は3級に該当します。ただし、3級に該当する場合には国民年金に加入していただけでは障害年金をもらうことができないことが基本になりますので要注意です。

うつ病になってしまった場合には、障害年金を活用することにより生活ができる可能性が高まります。基本的に体の障害年金は傷病手当金と異なり1年半しかもらえないわけではありません。長期的にもらうことができるのが特徴になります。ただ、うつ病で障害年金を活用するためには、厳しい条件をくぐり抜けなければいけません。どのような条件かと言えば、まず医者に診断書を書いてもらうことが必要になります。医者に診断書を書いてもらう場合には、とにかく診断書さえ書いてあれば良いわけではないことを理解しなければいけません。どのようなことが必要になるかと言えば、会社を休んでいることとうつ病になったことの因果関係が明確になっていることです。この内容のレベルの診断書を書いてくれる病院を探すことが1番重要になってくるでしょう。中には、診断書すら書いてくれないような医者もいますが、基本的にそのようなところは通わない方が良いです。病院選びを間違えただけで、障害年金を取得する目的を達成できないからです。目的を達成するためには、それ以外の条件も必要になります。いくつかの書類を書く必要があるものの、素人がこれを書くのは難しいのが現状です。そのため、事前に専門家にお願いをして書類を書いてもらうのが1番になります。専門家としては、弁護士や社労士などが年金の申請の知識を持っている可能性があります。ただし、いくら弁護士や社労士といっても全ての人が年金の申請に詳しいわけではありません。年金の申請に詳しい専門家が必ず来ますので、その人を選ぶことが重要になります。

Copyright© 2019 申請するときに知っておきたい種類や活用方法 All Rights Reserved.